専用のクリームで妊娠線を予防する|肌に優しいアイテム

ビタミンCでスキンケア

スキンケア

肌トラブルを改善

ビタミンc誘導体は美容成分のひとつで、優れた美容効果があることで注目を集めています。ビタミンC系のローションやミルクに配合されているビタミンc誘導体は、ビタミンCをそのまま化粧品の成分にしたものです。ニキビ、ニキビ跡、肌荒れ、しわ、たるみ、シミ、くすみなど、あらゆる肌トラブルに効き目を発揮します。ビタミンCには皮脂の活性化を抑える効果があるので、ニキビの予防ができます。また、炎症を抑える働きがあるので、出来てしまったニキビの改善効果も期待できます。ビタミンCには抗酸化作用があり、肌のしわやたるみを予防することもできます。また、メラニン細胞の活性化を抑えてシミやくすみを予防し、出来てしまったシミに対しても効果があります。

ビタミンCの働き

レモンなどに含まれているビタミンCは、メラニンを還元したり、コラーゲンの合成をサポートする働きがあります。ハリのある肌やシミやくすみのない透明感のある肌を作るため、昔から美容によく利用されています。そのビタミンCの美容効果を持っているのがビタミンc誘導体という成分です。ビタミンc誘導体は、ビタミンCが肌に浸透しやすいように加工してあります。化粧水の成分として使われているのは水溶性のビタミンc誘導体で、すばやく浸透します。乳液に使われているビタミンc誘導体は油溶性の性質を持っていて、長時間ビタミンCの効果が続くようになっています。化粧水と乳液両方セットで使うことで、即効性と持続性両方の働きを得ることができます。