HOME>特集>タクシー運転手になりたいなら転職をしてみよう!

タクシー運転手になりたいなら転職をしてみよう!

タクシー

タクシー運転手に向いている人

日本の景気は順調に回復していますが、懸念材料が全くない訳ではありません。少子高齢化の影響で、業種によっては深刻な人手不足が生じてしまっています。タクシードライバーはその典型で、多くの事業所がドライバー不足に頭を抱えています。しかし、新たな転職先を考えている方にとってはチャンスが多い職種と言えます。若い世代のドライバーは少ないですし、やればやるだけの歩合給が付くのも魅力的です。どんな人材が向いているのかと言えば、一番は運転技術の高い方ではないでしょうか。お客様を安全に目的地まで送り届けることが最優先ですし、交通法規を順守出来る真面目な性格であることです。もちろん、笑顔や接客のマナーも忘れてはなりません。

運転手

転職するために身につけたいスキル

タクシードライバーへの転職を目指す上で必要なスキルは、まずは二種免許の取得になります。通常の自動車免許に比べると格段に難しいですし、経済的な負担は小さくありません。何度も何度も試験にチャレンジをするケースもありますし、冷静さと勤勉さが必要不可欠です。そして、近年は介護系の資格を持っていると有利です。高齢化社会においては、年配の方が乗車する場合が多々あります。車椅子の積み降ろしや誘導も含めて、資格を持っているとお呼びがかかる可能性が高くなります。貸し切り業務があるのもタクシーの特徴ですし、二種免許に合わせて持っておくと便利です。外国人観光客も増えていますし、簡単な英語や中国語もマスターしておくべきでしょう。